« 大は小を兼ねる? | トップページ | クロスチェックのコンプリートバイク »

2019年3月 8日 (金)

在庫フレーム salsa VAYA

004
在庫の完成車&フレームセットが売れないなぁ~と嘆いていても仕方がないので、ブログに載せてみるかと思い立ったので、在庫フレームのご案内。

salsa YAYA フレームセット サイズ 54

昨年あたりからグラベルロードなんて言葉も定着してきた感がありますが、
このVAYAはその先陣を切って登場したといってもよいモデルです。

アドベンチャーバイバイクがコンセプトなサルサのなかでもオンロードとオフロードをバランスよく走れるようなモデルですね。

クロモリフレームにカーボンフォークという仕様で、乗り心地のよさとフロントまわりの剛性をしっかり確保していることでの安心感が魅力です。

フロントフォークは昨今定番化しつつあるテーパードってやつですが、一般的な下側が1-1/2ではなく1-1/4というサイズです。

MTBでは1-1/2(1.5)が主流ではありますが、VAYAはMTBよりも細めのタイヤを使用するので1.5より小さいサイズでも剛性を確保できると考えての事でしょう。

流石サルサさんは考えてるなって思うところですが、このサイズのヘッドセットって選択肢があまりなく入手も困難とまではいかないけれど、いつでも手に入るとも言い難いのが現状。

でも、このサイズにあったヘッドセットも弊店ストックしてますので、ご安心ください。

あと、規格でいえばホイールですが、フロント15mmスルーアクスルでリヤはQRです。
グラベルロードの規格は前後12mmスルーが定番化しそうな気配ですが、このVAYAの規格であればいまなら予算をかけずに程よいホイールを使えるのも魅力のひとつになるのでは。

グラベルロードって言ってしまうと、敷居が高そうに思われがちですが丈夫で安心なツーリングバイクとして考えれば、レースよりなロードバイクなんかよりも実際は敷居が低いジャンルです。

スポーツバイクとしても、もちろんよいですが旅(ツーリング)だったり日常のアシとしてもよい機材です。

最後にフレームサイズですが、54とはトップチューブのサイズですので適正身長は170cm前後といったところです。

日本ではマイナーな存在のサルサ乗りになってみませんか?

« 大は小を兼ねる? | トップページ | クロスチェックのコンプリートバイク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在庫フレーム salsa VAYA:

« 大は小を兼ねる? | トップページ | クロスチェックのコンプリートバイク »