« Timberjack Deore 27.5+ | トップページ | 細めのグリップ »

2018年11月18日 (日)

シェイクダウンが待ち遠しい

002
SURLY KARATEMONKY 27.5+

フレームから組み立てさせていただきました。
パーツ選びから悩みつつ、というか悩めば悩むほどにスペックアップしていくことに…

その分、納得の一台に仕上がりました。

パーツスペックはここでは言いませんが、ほんとに申し分ない仕様に。
タイヤはチューブを入れているので、チューブレス化するのかどうか?ぐらいでしょうか?

先代のカラテモンキーはMTBとはいえ、そこはサーリー。純粋なMTBとは違った趣きでしたが(それはそれで良かったと思います)現行モデル(色は廃盤)は現代のMTB規格で純粋なMTBと言えるでしょう。
27.5+タイヤにフロントサスペンションが、トレイルライドにばっちりだと思います。

フレームセットにはフォークも付属なので、そちらには29erのホイールを用意すれば、MTBツーリングとしても活躍してくれるでしょう。

ツーリングがメインのMTBならECRやOGREなどが筆頭になりますが、トレイルライドなどの山遊びがメインならカラテモンキーがベストな一台ではないでしょうか?

オーナー様は現在、怪我からの復帰前にもかかわらずシェイクダウンが待ち遠しいとのこと。思いの詰まった自転車が目の前にあれば当然だとは思います。

そんなわけで、年内にガッツリ遊べるところに行きたいって要望もありなんとなく計画中です。
カラテモンキーのシェイクダウンにご一緒したいかたいましたら声かけてください。

まずは怪我を癒しつつ、遊びに行ける日を楽しみにしています。
オーナー様、ありがとうございました。

« Timberjack Deore 27.5+ | トップページ | 細めのグリップ »

コメント

雪降ってなければAKG山にアテンドしますよ。
車上げなし、1000m自走登りという縛りありですが。

yssさま、当方軟弱者でして…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546852/67393858

この記事へのトラックバック一覧です: シェイクダウンが待ち遠しい:

« Timberjack Deore 27.5+ | トップページ | 細めのグリップ »