2018年9月18日 (火)

ALLWAYS

001
日本が誇るペダル屋さんのMKS

その中でも最近ラインナップに加わったものの地味な存在なのがALLWAYS

シルバーが先行発売されてましたが、やっとブラックも追加ラインナップされました。

ツーリングとかグラベルロードなどで活躍してくれることでしょう。

弊店でも、MKSのLAMDAとともにおすすめ出来るペダルです。

LAMDAはクラシックな雰囲気の自転車にALLWAYSはクロモリフレーム以外にも似合うと思います。

ちなみにこのALLWAYS、MKSにしては珍しくシールドベアリングを採用していますが、めちゃめちゃ良く回りますよ。

2018年9月13日 (木)

秋の夜会

だいぶ秋めいて来ましたね。

そろそろ夜会を開催?なんて声も聞こえてきそうな(気のせいならスルーしてください)気配もしてきているので、勝手に日程組んでみました。

9月29日(土)にいつもの場所、時間で考えています。

ご興味あるかた、参加表明よろしくお願いします。

初めての方も歓迎です。

002

2018年9月 6日 (木)

MX

昨日は弊店主力商材の取り扱いのある代理店の展示会に

大幅な変更はないのかなと思いつつ、まだ情報解禁になっていないものも…。

というわけで、詳しい情報はもう少しお待ちください。

2018年9月 4日 (火)

BL-M9100

新型のXTRが予約開始しましたね。

弊店にはあまり関係ないかな?と思いつつ…

あんまり注目されてないと思うけど、個人的に気になった点は

ブレーキレバーに非サーボウェーブも選べるようになったらしい。

最近のシマノの油圧ブレーキのフィーリングも徐々に佳くなっているようにも感じますが、サーボウェーブなる機能は要らないと思い続けていたのでね。

いままでなかった設定(下位グレードは除く)なのに、今回非サーボウェーブが選べるということは、メリットがあるもしくは要望があるってことなんでしょうね。

もう少し待てばXTグレードでも非サーボウェーブが選べるようになるのでしょうか?

XTRの非サーボウェーブが売れなければ、ひっそりと消えてしまうなんてこともあるかもしれません。ご予算が許される方は是非買ってくださいね!

※サーボウェーブとは何ぞや?という方、残念ながら文章でうまく伝える能力は持ち合わせていないので、ご自身でググるか弊店までお越しいただければ…

2018年9月 3日 (月)

XL

007
日本にはなかなか入ってこない大きいサイズ。

アメリカンなブランドなどラインナップにあったとしても、日本への入荷がなかったり…。

その点、SURLYはサイズ展開も豊富だし輸入元も対応してくれる有難い存在です。

SURLYには年度モデルがないので賞味期限が短い昨今の自転車界事情とは違うのも大きいのでしょうね。こういう存在は小売店である弊店にとっても有難い。

2018年8月30日 (木)

スプラッシュ

001
弊店でも地味に取扱いしておりますAll-City

10アニバーサリーなミスターピンクがひっそりと入荷してました。
スプラッシュな塗装が予想以上に立体的でびっくりしましたが、一台々々柄が違う(同じには出来ない)ので、世界で一台のフレームと言えなくもない。


本日、お客様とパーツ選びの打ち合わせ。
どんな仕様になるのか?

あわてずのんびり進めてまいります。

2018年8月27日 (月)

Narrow

001
最近のメインの通勤車にブルックスのサドルに替えました。

入れ替えてから2か月くらいでしょうか?そろそろ柔らかくなってくるころかな?と思っていましたが、まだまだ新品時とさほど変わらずカチッとした乗り味のまま。

個人的にはあまり柔らかいサドルは好きではないので、オイルも塗ってないしなるべくサドルに体重がかからないように乗っていることもあるでしょう。

それでも、他のモデルより変化が少ない気がします。

ちなみに言い忘れましたがモデルはB17 Narrowってモデルです。

特徴は、B17をベースに幅を狭くしたってことですね。
これによりB17 Standardのコンフォートさよりもペダリングのスムーズさを演出したモデルってことですね。

サドルの幅は広いより狭いほうが、硬さは維持できるし、他のスポーツモデルよりもB17同様に高さがあるので、型崩れもしにくいのですね。

考えればわかることではあるけれど、実際に使ってみるとよりよく理解できますね。

個人的にサドルは柔らか目のモノは違和感が出やすく、あまり好みでは無い。逆に硬ければ良いって事でもないけれど、自分のケツにあった形状のものであれば硬くても一日中乗り回すってことでもなければ、問題無い。というかその辺りが自分にはちょうど良い。

まあ、サドルの好みって人其々なのは間違いないけれど、自分の好みは少数派なんだろうな?とは薄々感じています。
なので、あまり参考にはならないとは思いますが、個人的にB17 Narrowはおすすめサドルです。(柔らか目なサドルが好みの方にはお勧めしませんが)

2018年8月24日 (金)

ALL CITY

001
弊店ではまだまだな認知度であるALL CITYですが、

小物を少量仕入れてみました。

2018年8月21日 (火)

初回ロット

003
SURLY LOWSIDE

初回ロットの完成車は在庫が無くなったようですね。
次回の入荷予定は10月、あくまで予定ですが…。
弊店在庫はSサイズが一台残っております。

たまには売り上げにつながりそうなブログもと思い、露骨な内容ですいません。(結果に繋がるかは不明…)

ちなみに弊店在庫の完成車は定価より気持ちですが頑張っております。

以上、露骨な宣伝でした。

2018年8月20日 (月)

マウンテンツーリング

005
先週に納車した一台です。

SURLY TROLL 26インチのマウンテンツーリング。

いろんな用途に使える仕様になってます。林道ツーリングとかフル積載でキャンピング車としても使えるし、普通に普段使いのアシとしてもばっちりです。

実際にオーナー様は様々な使い方に対応できる一台をお探しだたようで、このトロールならご要望にお応えできる一台に仕上がっています。

007
天候も気にしないで乗れるようにフェンダーも装備。サーリーのフロントラックにバスケット載せて多めの荷物も想定しています。

0091_2
なので、スタンドも装備です。このスタンドはE-BIKE用のようでなかなか取り付け出来る車両はないのですが、トロールの特殊なリアエンドのおかげでしっかり取り付けできました。

しかもフレームはほとんど傷が付いてしまうこともなく、取り付けもボルト2本なので慣れれば着脱も簡単です。

マウンテンツーリングなんて今時のMTBではちょっと違うかなとなってしまいますが、サーリーのトロールもしくはオーガならばっちりですね。

自転車+○○とかキャンプツーリングなんかには良い選択肢になると思います。

オーナー様にはいろいろと使い倒していただけると嬉しいです。



2018年8月17日 (金)

アーバンロード

002
久々にロードバイクの納車でした。

チネリのヴィゴレッリロード。クロモリフレームにカーボンフォーク
クロモリロードはクラシックなイメージが強いですが、ヴィゴレッリロードは懐古的なのとは一線を画す今時なロードバイクです。

イメージとしては都市型のクリテリウム(日本ではほとんど開催されない街中での周回レース)を想定したもの。ヴィゴレッリ(固定ギヤ)自体もレッドフッククリテ(都市型クリテの固定ギヤ版)を意識しているし、それのロード版と思ってもらって問題ないのかなと。

オーナー様は、ピストやMTBなどに乗っていますが何故かロード熱に。
弊店在庫のヴィゴレッリロードのフレームとホイールはフルクラムがご希望で後はほとんどおまかせで、組み立てさせていただきました。もちろん相談しながらってことではあるんですが、以前に数台お手伝いさせていただいているので、オーナーの好みはある程度わかっているので、安心して攻めたパーツ構成にしました。

006
一番の注目点は何と言ってもフロントシングルってことですね。イタリアンなチネリですから一般的にはコンポにはカンパって発想になりがちですが、スラムの1x11に。懐古主義的なクロモリではなく最先端なクロモリロードのイメージとしては、これがベストだと個人的に思っています。

普遍的な意味でのクロモリという素材も魅力的ですが、今の最適解としてのクロモリも魅力的だと思うし、そんな一台に仕上がっていると思います。

2018年8月16日 (木)

MTB三昧

久々に連休にして、お客様とMTB遊びに行ってきました。

まずは、MTBこれから始めるにあたって初心者講習込みで遊び場を提供してくれる
Forest Bike

まずはブレーキの練習

0061
010
ご夫婦でのご参加、初めてですがメキメキ上達。

012
後半は短いけれどトレイルライドも

天候が悪化してきて物足りない感じで終わってしまいましたが、MTBの基礎を学べて自分も良い勉強になりました。

今後コースを広げる計画も、ということもあるし基礎練からスキルアップに気軽に使える場所かなとも思うし良い施設なんではないでしょうか?今後にも期待です!

次に行く機会があれば、パンプをマスターしたいなと(後半雨であまりチャレンジできなかったのでって言い訳ですが)

正直なところ、この施設は講習を受けないと使えないので気にはなっていたけどめんどくさいなと思っていたんですが、その講習含めて面白かったです。
講習内容は当たり前のことを当たり前にってことだと勝手に理解したのですが、これって意外にできてなかったり…。初心者だけではなくて中、上級者も受ける価値あると思います。

日にち変わって今度は富士見パノラマへ
017
初富士見な方のアテンドって意味合いもあったのですが、元々スキーヤーってこともあるのか普通に乗りこなせているので、アテンドなんてことを気にせずがっつり楽しんできました。
2年ぶりくらいに富士見に行きましたが、スキルアップエリアが充実してて良い感じですね
021
コーナリングの練習にもばっちりだし、なんならスキルアップエリアでけでも十分に楽しい。

一日フルに遊ぶとヘトヘトになってしまう体力の無さが残念なだけでした。

おかげさまで、久々の夏休みはMTB三昧で楽しんできました。


2018年8月11日 (土)

夏季休業

8月12日(日)~8月15日(水)までお休みいただきます。

2018年8月10日 (金)

絶滅危惧種

0121
MTB界の絶滅危惧種である26インチサイズ。

もはや絶滅するのは鰻が先か26MTBかってくらいになってきたような…。

鰻はまだなんとかせねばっていう雰囲気も無くはないのでようが26MTBはその声は何処に届ければよいのやら?ってな感じですね。

弊店は26MTBは好きなんですけどね。

はい、そんな絶滅危惧種な26MTBのタイヤをこのたび特価でってご案内です。

IRC MYTHOS XC 26x2.25 \4968(税込)を
2本まとめ買いで\6480(税込)にて

2セットのみの在庫です。

さあ、まだまだ26MTBに乗るぞってかた、1セット如何ですか?

なんで特価なのかは仕入れが安かったからに他ならないのですが、何故に仕入れが安かったのかって…廃盤か???

フレームの供給は一部を除いてほぼなくなりましたが、タイヤは消耗品ですのでなんかしら残るでしょうが、だんだん選べなくなってきたってのが現状でしょうね。

2018年8月 6日 (月)

似て非なるもの

夏は嫌いじゃないんですが、ここまで暑いとやる気がおきませんね。

やる気が無いなりに、思ったことをつらつらっとドロップハンドルな自転車について

自転車の中でも、ドロップハンドルって特殊な乗り物ってイメージがありませんか?

実際、特殊な乗り物だとも思いますし…

でも、最近はドロップハンドルにも興味を持ってもらえることが増えている気もします。

とは言え、ドロップハンドルといっても実は幅が広い。

なかなかきちっとしたジャンル分けは難しいけど、思いつくままに挙げると

ロードバイク、スポルティーフ、ランドナー、ツーリング、キャンピング等がオンロード(アスファルトメイン)で、
シクロクロス、グラベルロード、マウンテンドロップ等がダートメインってところでしょうか?

いま挙げたジャンルのほとんどがグラデーションのような感じで曖昧に重なり合っているのが現状だと思います。

ただ、グラデーションになってないところもあるので、ここは要注意。

ロードバイクとマウンテンドロップ、このジャンルはグラデーションにはなっていません。
ほぼ、独立したジャンルと思っていたほうが理解しやすいと思います。

まだ、マウンテンドロップは独立したジャンルだと思いつつも使い方としては他ジャンルと同じようなフィールドで遊べるかな?とも思います。その昔クロスバイクなんてものが無い時代にはMTBをツーリングに使ったりしてましたしね。(最近はマウンテンツーリングが復権するなか?なんて気もしないではないですね)

簡単に言えば、ほど良いアップダウンのトレイルを長い距離走るのに向いてるジャンルなのでなかなか日本ではオーバースペックというかちょうど良いフィールドは少ないってことだと。

で、ロードバイクについてですが、これは完全に別ジャンルと思ってもらって良いと思います。
ロードバイクはA地点からB地点まで最速を目指す為の自転車です。

よくあるのが、ワンデイツーリングのような使い方をイメージしているのにロードバイクのほうが向いてるのでは?と思われること。

最近ではエンデュランス系のロードバイクなるジャンル?(弊店取扱いの自転車にはそんなの無い気がしますが)はツーリング車のような快適さにロードバイクの軽さがプラスされてベストなんじゃないかと思っている方が多い気がします。

が、ロードバイクはあくまでロードバイク。エンデュランス系とか謳ってても100%スポーツバイクで速く走る為の乗り物です。
エンデュランス系の快適さとは速く走る為に必要な快適さであって、旅を目的とした自転車の快適さとは違います。

バイクパッキングなる遊び方が昨今普及しつつありますが、ロードバイクとバイクパッキングの相性は良いとは言えません。

いろいろとメンドクサイ事言ってきましたが、まあ本人が気に入った自転車を乗るのが良いかなとも思うので、細かい事なんか気にしなくても良いとは思います。

それでも、目的に合った自転車が欲しいて考えているかたは参考にしていただければ幸いです。

足りないところは、ご来店いただければもう少し詳しくお伝えできるかもしれません。




暑過ぎてもともと弱い頭がより弱っているこの駄文にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

«これで冷えた飲み物を