2019年2月22日 (金)

スウェット

012
弊店、アパレルは売れないってことは何度もお伝えしてますが、

懲りずにまた仕入れてしまいました。

今度はスウェットです。シンプルなALL-CITYロゴでこれからの季節にちょうど良いのではないでしょうか?











ん?後ろのピンク色が気になる?
それはまた後日…

2019年2月19日 (火)

遅くて早い???

009
昨年末に、やっと入荷しましたって案内をした新製品。

OneByESU J-CRANKですが、すでにサイズ、色によっては欠品だそうです…

この手のダイレクトマウントなクランクでシンプルな形状に豊富なサイズ展開、さらにはシルバーまでラインナップされて、これから重宝しそうな予感があったのですが、次の入荷はいつなんだろう?

新製品の発表から実際のデリバリーまでなかなか時間がかかりましたが、あっという間に欠品がでてしまいました。

残念ではありますが、次の入荷に期待しましょう。

ちなみに、ブラックの170mmは弊店の在庫ですのでなくなる前におひとつ如何ですか?

2019年2月14日 (木)

Vipro's

001
弊店のメインのケミカルはお膝元でもあるWAKO'Sですが、

あらたにVipro'sの取り扱いもはじめました。

新製品のFluoDryはドライ系の潤滑剤でいろいろ使えそう。

ドライ系の特徴は汚れが付着しにくいってことで、

STIなどのシフター内部によろしいようです。

個人的には、サスフォークのインナーチューブにも使ってみようかなと。

ゴムなどへの攻撃もないようなので、安心して使えそうだしなにより汚れが付かないのが個人的に好みなもので。

潤滑をメインに考えるのであれば、他の選択肢もあるのですが、汚れが付いてしまうとダストブーツなどゴム類へのダメージがあるし、なにより洗車が楽ですよね。

その他、防錆にマリンルブとか錆びとり用のスーパージェルとか、まずはお試しに少量ですが在庫してみました。

2019年2月12日 (火)

まだまだ現役続けます

Fm0492
サーリーのスチームローラー、廃盤になる?なんて噂もあったのですが、まだまだ現役のようです。
完成車はなくなりブラックのフレームセットのみだったのですが、このたび新色が登場とのアナウンスが。

シンプルなシルバーカラーが追加のようです。

ピストブームはとうに過ぎ去りましたが、シングルスピード(固定ギヤ&フリーギヤ)自体は流行とは関係なく一定数の支持があって、それ自体の魅力は失われることはないのでは?と思っています。

魅力があるとはいえ、ブームは去ったのは紛れもない事実なわけで、入荷数も多いとは言えないでしょう。

欲しい!と思ったら迷わず確保しておきましょう。

001
ちなみに弊店の在庫が廃盤カラーの完成車(サイズ53)が鎮座しております。

ゆる~く乗りたい方は、この完成車も魅力では。

2019年2月 8日 (金)

yuki?

002
明日は関東でも雪になるとか?どうなるのでしょうか??

積もったとしたら、せっかくなので楽しく自転車乗りましょう!

とは言え無理して、事故や怪我には気を付けてください。

2019年2月 7日 (木)

ニッチなスタンド

自転車の規格もここ最近増えてきました。

スルーアクスルやプラス規格のタイヤなど、

今までの保管用のスタンドが使えなくなってきてたりします。

0021
困ったな~なんて思っていたら、使えそうなスタンドが発売されてました。

MINOURA DSX ファット規格なタイヤまで使えるディスプレイスタンド。

0051
前輪に挟んで使うようです。はじめ後ろタイヤに嵌めてみたのですが、いまいち安定しないので、説明書をみるとどうも前輪に使うのが正解らしい。

実際に前輪で使ってみると、ハンドルが安定するので問題なく使えそうです。

軽量で、かつ簡単に使えるのわりに安定度も十分でしょう。

0071
FEEDBACK RAKK XL

こちらもファットバイク用がもう少し幅の狭いプラス規格にも対応するようになりました。
これは、重量があるからか前後輪どちらでも問題なさそうです。(ただし2.6インチとプラス規格より少し幅が狭いものは安定感が落ちるので要注意ですね。

2019年2月 3日 (日)

グラベルライド&デイキャンプ

0501
予定していたグラベルライド&デイキャンプに行ってきました。

思いのほか多くの方に集まっていただいて、有難いなと。
(若干一名ほど、日ごろお忙しいようで朝起きられずDNSなかたがいたのは残念ですが)

0091
グラベルといっても基本的には、川沿いがメインにはなりますが、個人的に気に入っているルートを

0451
で、気持ち良い河原でデイキャンプ。

これまた個人的にやりたかったのは焚火。
2月にしては暖かい一日で、別途ガスバーナーも持参しているので必要ないっていえばその通りなんですが、今回試すことが出来たのは収穫。

048
今回のこの企画、細かい案内はしていないにも関わらず、集まっていただきありがとうございました。

不手際なこともありましたが、また楽しい自転車遊びができたらと思っています。

またひとつ、面白い自転車遊びが加わった感じで楽しいひと時を過ごすくとが出来ました。

あらためまして、ご参加くださいましたみなさまありがとうございました。

参加者のバイクチェックはこちらから

2019年2月 1日 (金)

2月3日(日)は遅い開店です

このブログでもお伝えしましたが、

2月3日(日)はグラベルライド&デイキャンプを行うので、開店時間は遅くなります。

夕方には戻る予定ですが、なにぶん初めての試みなのでご容赦ください。

週末にご来店予定と思っていたかたは、出来れば明日の土曜にしていただければ幸いです。
もちろん遅い時間でもよろしければ、日曜も店は開けますのでよろしくお願いします

2019年1月31日 (木)

ALL CITY ニューカラー登場

ALL CITYからニューカラーな3台が発表されました。
Unnamed_1
GORILLA MONSOON Green Fade

Unnamed
SPACE HOSE DISC Black

Unnamed_2
BIG BLOCK Pink Fade

ALL CITYもSURLYと同じく年度モデルという概念を止めたのでしょうかね。

個人的には有難いなと思いつつもSURLYと違い、入荷が少ないのは小売店としては頭の痛いところ…。弊店のような弱小店だと辛い…。

ユーザーにとってはビルダーさんにオーダーするような敷居の高さ(もちろん価格も含め)はなくて、他人と被りにくいというのは魅力のひとつになるでしょうね。

詳しいスペック等はこちらでご確認ください

というわけでご注文お待ちしています

2019年1月28日 (月)

2019 FARGO TIAGRA

0091
サルサのコンセプトであるアドベンチャーバイバイク。これが一番ぴったりくるのがファーゴでしょう。

毎年のようにアップデートしていますが、今年はフレーム自体は変なしだと思います。
初代から比べれば大幅にアップデートされ別物かと思われるほどの進化を遂げましたから、もう完成の域にきているのでは?と思っています。

が、フロントフォークに変更が、エンド幅が100mmから110mmのBoost規格になったのと、ダボ穴のが増えて、積載のスタイルがより柔軟に選べるようになりました。
このあたりはスペック表にも記載されていると思います。
0141
それと、フォーククラウンのダボの上にもう一つ穴が開いてます。
注意書きを読むと、どうもこれはハブダイナモからの配線を内装できるようになっているようです。

このあたりもアドベンチャーバイバイクに準じてのアップデートではないでしょうか?

0171
あとはサルサといえば塗装の良さも重要なポイントでしょう。
ベースカラーも綺麗なオレンジですが、ロゴのカラーが今回は個人的にはポイント高いですね。

Mサイズを在庫しましたので、実物を見に来てください。

2019年1月25日 (金)

グラベルツーリング+デイキャンプ

少し前にお誘いしたグラベルツーリング+デイキャンプにご興味示していただいた方がいましたので、開催したいと思います。

日時は2月3日(日)8時出発と考えています。

片道20kmくらいをのんびり走り、日中の暖かい時間帯は河原でまったり過ごして夕方には戻ってくる予定です。

ご興味ある方、ご連絡ください。スタート地点等おおまかですがご案内します。

よろしくお願いします。

2019年1月22日 (火)

修正

Img_20190122_171805
画像上が修理前、リヤ変速機があさってなほうを向いています。

これでは変速どころではないので、修正。

変速機自体は傷などはありますが、使えないこともなくフレーム側の変速機の取り付け台座の位置修正で下の画像のように修正完了。

フレーム自体がスチールフレームだったので今回のような大幅な修正も出来ましたが、アルミフレームだとこうはいかなかったでしょうね。

こんな感じで日々修理のご依頼いただいております。

なんでも直せるとは言えませんが、出来ることはご要望にお応えしたいと思います。

修理のご依頼お待ちしています。

2019年1月21日 (月)

昨日の納車

0021
チネリ ヴィゴレッリロードを納車しました。

久しぶりのロードバイクの納車でした。フルカーボンなロードバイクは弊店らしさはまったくないけれどクロモリロードは細々とですがやってたりします。

実際、今回のお客様もレース機材としてではなくツーリングがベースではあるけれど軽さや速さなどの乗る楽しみも両立したいとの思惑からこのフレームを選んでいただきました。

この自転車でいろんな土地を楽しんでもらえると嬉しいですね。

他の画像はこちらから

2019年1月18日 (金)

Oi LUXE

0241
Knogの小洒落たベルのOiに新たなラインナップが登場しました。

0261
左が従来のOiで右が新型のLUXE EDITION

今までのモデルのプラスティック部分がメタル素材になったりして、より高級感が増しました。

従来通りスッキリ省スペースなベルに所有欲がプラスされました。

ベルなんて付いてればなんでもよいって思っているかたには、まったくもってどうでもよい事でしょうが神は細部に宿るなんてことも言われたりもしますし、ベルひとつで自転車の雰囲気がかわることもあるでしょう。

日本の道路事情では、あまり鳴らすことのないベルだからこそ付けるのなら満足度に高いものを付けたいと思いませんか?

2019年1月17日 (木)

MTBツーリング

0011
SURLY TROLLの新色LIME フレームサイズはSです

いま自転車業界はグラベル系のロードプラスなジャンルが旬となっているのかな?と思うのですが、今後はMTBツーリングなんてジャンルも流行るのでは?なんて妄想しております。

個人的には世間の流行なんてどうでもよくて、乗り手が楽しめればそれでいいのではというのがベースにあります。

なんですが、MTBツーリングな自転車が欲しいとなった時に選択肢はほとんどないのは残念なところ…。流行なんて関係ないって言ったところで市場から消えてしまうと流行もくそもないのが現実。

サーリーというブランドは流行を追うこともなく自分たちが乗りたい自転車を継続して作ってくれる有難い存在ですね。

ポイントは継続してってところですね。トロール自体はモデルチェンジしてたりしますが、コンセプトは変わらずに継続して作り続けてくれる頼もしい存在ですね。

«Makeshifter Canvas Works