2019年3月31日 (日)

移行


ブログサイトを下記に移転します

https://malpasoyamazaki.wixsite.com/website

とりあえずなので、またこのブログサイトに戻って来るかもしれませんが、当面は新規のブログサイトで続けていこうかなと思っています

2019年3月28日 (木)

853

0121 
弊店の在庫完成車。今年から取扱いやめましたKONAが残り2台のうちの1台。
WHEEL HOUSE サイズ52

コナが考えるディスクロードですね。今年からはこのモデル廃盤になったような気がします。(ウソだったらゴメンナサイ)
まあ日本以外では純粋なロードレーサー以外のドロップハンドルはグラベル系がメインになってきてるようですし、MTBがメインなコナなら当然のことなんでしょうね。

日本は独自のスポーツバイク文化?なのでしょうが、ロードバイクがスポーツバイクの王道なようです。(よく知らないのですが…)
で、コナのホイールハウスですが純粋なロードレーサーでもなくグラベル系ともちょっと違う、その中間な立ち位置になるんでしょうね。

ということは、北米市場とは違い日本ではこれから必要とされるジャンルなんじゃないのか?とか勝手に思っていたり…。

ようはこのホイールハウスは貴重だぞってことが言いたかったわけです。

013
レイノルズの853なんかを使っているのも魅力のひとつですね。

弊店最後のこの一台、如何でしょうか?

2019年3月25日 (月)

330°

情報収集が得意な方々は当然すでにご存じと思いますが、knogから新しいライトが発売されました。
009
knog Cobber

330°の視認性というのが特徴ですね。

個人的にはリヤ用が今までのライト以上に安全確保が出来るのかな?と期待していますが
フロント用も夜でも街灯があって路面をしっかり照らす必要がないとか、ポジションライトとしての使用には良いのではと思います。

0081
取り付けは基本、自転車にというところですがサドルバッグにも工夫次第で取り付け出来ます。
キャラダイスのバッグな場合、付属のバンドだけだと取り付け角度が上下方向に330°となってしまうのですが、タイラップ一本で取り付けできました。

フロント用もおなじくハンドルに付けると上下方向に330°となってしまうのですが、アイセイバーモードに設定すれば、上側は光らず無駄に眩しくないようにも出来るようです。(専用のソフトウエアでカスタマイズする必要がありますが)
本来は330°の視認性は横方向にしなければ意味が半減してしまうのでフレームもヘッドチューブなどに付けるのがよさそうですし、ハンドルまわりもスッキリするのでハンドルにライトを付けたくない方にも良いかもしれませんね。

そんなわけで、たまには新製品情報でした

2019年3月23日 (土)

夜会やりますか?

三寒四温な日々ですが、4月になれば寒さも一段落するのでは?と思っておるので
そろそろ夜会をやろうかな?なんて考えています。

日程は4月13日(土)よ予定しています。

場所は、いつもとは違う場所にと考えていますので、
参加してもいいかな?と思っている方は、ご一報ください。

よろしくお願いします。

2019年3月15日 (金)

一から八へ

サーリーの屋台骨であるクロスチェックは懐の深いフレーム。

002
元々は手持ちのパーツを使いつつ、シングルスピードで組み立て。

ですが、上り坂などしんどい時もあり仕様変更になりました。
007
フロントはシングルのまま、リヤを8速に

昨今、流行のワイドレシオではないけれど、フロントチェーンリングを小さくして全体的に軽いギヤ比にしてあります。シングルスピードの時より少し軽いギヤも欲しいなっていう場合はこれでじゅうぶんなギヤ比だと思います。

しかも、クロスチェックにはWレバーの台座が付いてるのでブレーキレバーはそのまま使えるし、いろんな仕様に出来るのはホント有難い存在ですね。

これで、活躍の場が増えてくれると弊店としてもお手伝いをさせていただいた甲斐があるってもんですね。

2019年3月14日 (木)

逃げろ

0041
昨日の休みは、書類仕事もなく天気も良いので自転車日和かな?と思ったら強風だったので山の中に逃げ込みました。

そこまでのアプローチは風に煽られながらでしたら、山の中は快適。この時期は草や虫もあまりなく、気温もちょうどよいかんじで楽しいライドができました。

みなさんも休日にマウンテンバイク遊びは如何でしょ

2019年3月12日 (火)

無駄にお洒落な紐

001
少し前のブログでもお伝えしたかと思いますが、日泉ケーブルから高性能なワイヤーが発売されましたね。

今度はそれのSim Worksバージョン。

梱包が無駄にお洒落なのは流石のシムワークスさんですね。

ただ箱がお洒落なだけなら、わざわざシムワークスさんを選ぶ必要もないのですが、そうでもないのがにくいですね。

アウターワイヤーは日泉ケーブルだと2m。これだとディスクブレーキ、フルアウター、ワイドハンドルなどの要素が加わると2mでは足りないこともっていうことで、シムワークスさんのは3m売り。

これは有難い設定ですね。弊店としては機械式のディスクブレーキ(特にドロップハンドル)に有効だと思っていたのでね。

2019年3月11日 (月)

クロスチェックのコンプリートバイク

002
在庫が減らない弊店の在庫車ラインナップ、本日はクロスチェックです。

弊店にしては珍しく、サーリーオリジナルの完成車。

なんですが、気になるところをちょいと変更しています。
005
完成車のコンポはスラムが標準装備。
これはこれで性能的に悪いってことでもないのですが、フラットバーでフロントシングル、リヤキャリアも付いてるとなれば、コミューター的な使い方がドンピシャな仕様。

となると、気楽に使ってもらいたい。狭い駐輪場などに停めたりするとどうしてもリヤメカなんかがぶつけられたりもしてしまうかも…。
その時に補修部品が入手しやすいのがシマノ。
シマノのエントリーグレードは性能、コスト、入手のしやすさなどのバランスが良いわけで、日本でコミューター的にがんがん使うならこの仕様のほうが安心して使えると判断したわけです。

クロスチェックは高い方はいろいろ出来るので、コミューターにこだわる必要はないので自分好みに乗りながら変更していってもらえればなお嬉しいですね。

在庫のサイズは52です。ちなみにこの色は廃盤カラーですのであわせてご検討のほどよろしくお願いします。

2019年3月 8日 (金)

在庫フレーム salsa VAYA

004
在庫の完成車&フレームセットが売れないなぁ~と嘆いていても仕方がないので、ブログに載せてみるかと思い立ったので、在庫フレームのご案内。

salsa YAYA フレームセット サイズ 54

昨年あたりからグラベルロードなんて言葉も定着してきた感がありますが、
このVAYAはその先陣を切って登場したといってもよいモデルです。

アドベンチャーバイバイクがコンセプトなサルサのなかでもオンロードとオフロードをバランスよく走れるようなモデルですね。

クロモリフレームにカーボンフォークという仕様で、乗り心地のよさとフロントまわりの剛性をしっかり確保していることでの安心感が魅力です。

フロントフォークは昨今定番化しつつあるテーパードってやつですが、一般的な下側が1-1/2ではなく1-1/4というサイズです。

MTBでは1-1/2(1.5)が主流ではありますが、VAYAはMTBよりも細めのタイヤを使用するので1.5より小さいサイズでも剛性を確保できると考えての事でしょう。

流石サルサさんは考えてるなって思うところですが、このサイズのヘッドセットって選択肢があまりなく入手も困難とまではいかないけれど、いつでも手に入るとも言い難いのが現状。

でも、このサイズにあったヘッドセットも弊店ストックしてますので、ご安心ください。

あと、規格でいえばホイールですが、フロント15mmスルーアクスルでリヤはQRです。
グラベルロードの規格は前後12mmスルーが定番化しそうな気配ですが、このVAYAの規格であればいまなら予算をかけずに程よいホイールを使えるのも魅力のひとつになるのでは。

グラベルロードって言ってしまうと、敷居が高そうに思われがちですが丈夫で安心なツーリングバイクとして考えれば、レースよりなロードバイクなんかよりも実際は敷居が低いジャンルです。

スポーツバイクとしても、もちろんよいですが旅(ツーリング)だったり日常のアシとしてもよい機材です。

最後にフレームサイズですが、54とはトップチューブのサイズですので適正身長は170cm前後といったところです。

日本ではマイナーな存在のサルサ乗りになってみませんか?

2019年3月 5日 (火)

大は小を兼ねる?

地味に人気のある便利なストラップ。

別ブランドのものですが、より長いのがあったので試しに在庫してみました
011
上のブラックが実測約80cm。下のグリーンは66cm。

普通にフレーム等にくくりつけるのであれば、66cmもあれば十分だと思いますが、
フロントラックなどに使う場合は、ちと足らないなと思っていたので80cmもあれば使い道も増えるのかな?なんて想像してます。

012
長いだけではなくて、ベルト部分は太く、バックル部分も大きくなっているので強度は問題ないのでしょうね。というかそうしないと強度が確保できなかったのでは?とも思いますが。

どちらにせよ、この長さですから細かい重量とかは気にしないで使ってもらいたいですね。

バイクパッキングの頼もしい味方になってくれると思います。

2019年3月 4日 (月)

恒例の

3月になってさらに暖かくなるかな?って思ったら雨だったりで冬に戻った感もありますが、日々過ぎていくのはかわりない。

暖かくなったころの自転車業界の恒例行事?といえばシマノさんの価格改定。

今回はDAトラック関連がメインのようですね。

弊店、ピスト関連は多くはないのですがロックリングなどはシマノ製が安心ですので改定前に予備も含めてご検討を

ちなみに改定は5月だったはずです。

2019年3月 3日 (日)

雨の日に

001
休日なのに雨…ツラい…

そんな日に欠品していたモノが入荷しました。

BROOKS CAMBIUM ALL WEATHER C15

雨の日に乗っても型崩れしないブルックスサドル。

雨に濡れても、サッと拭けばお尻も濡れずに済む全天候型のブルックスのサドル。

個人的には革サドル派なのですが、ズボラなんでほんとはこっちのほうが使い勝手はよいんだろうとは思っています。

実際はクラシックな雰囲気を目指していない方はカンビウムシリーズがよいかもしれませんね。

2019年2月28日 (木)

まだまだ26

平日に冷たい雨ときたら自転車屋はヒマでございます。

が、有難いことにホイール組みのお仕事をいただいてたので集中して作業
001
いまだに作ってくれている26"のリムブレーキ対応リム。

こういうのが有ると、往年のMTBがまだ乗り続けられると一安心。

ほんと有難い存在です。

004
あとは、こんなリムも本日入荷しました。
ALEXRIM SUPRA 35 の26"用。

こちらはディスクブレーキ専用ですが、リム幅が外35mm内30mmとセミファットまでなんとか対応できるこれまた有難い存在のリムです。

このリムの存在は知っていましたが、正規輸入はなかったはずですなのに、しれっと代理店さんが扱いをはじめた模様。

とりあえず2セット(4本)ほど在庫しました。

世間はどうか知りませんが、弊店ではまだまだ26"は現役って思っています。

2019年2月25日 (月)

前も後ろも

001
キャラダイスの珍しお色のサドルバッグをご購入いただきました。

フロントにはほぼ同色のスナックホールが(見にくい画像ですいません)

アーバンサイクリングにちょうど良い塩梅になったのではないでしょうか。

シングルスピードのチネリ、もともと渋く仕上がっていましたが、

より一層、オトナな雰囲気で素敵ですね。

2019年2月22日 (金)

スウェット

012
弊店、アパレルは売れないってことは何度もお伝えしてますが、

懲りずにまた仕入れてしまいました。

今度はスウェットです。シンプルなALL-CITYロゴでこれからの季節にちょうど良いのではないでしょうか?











ん?後ろのピンク色が気になる?
それはまた後日…

«遅くて早い???