2018年7月17日 (火)

安心

001
久々に(でもないか?)サーリーの完成車を在庫しました。

クロスチェックのフラットバー仕様。サイズは52。廃盤カラーになるグレーです。

フロントシングルでリヤキャリアまで付属。
コミューターに近い感じの仕様ですね。

003
この緩やかなカーブ(バックスイープ)のハンドルが気軽に乗れる雰囲気を醸していて好感持てますね。

ですが、個人的に気になるのがコンポーネント。
SRAMが悪いっていうんじゃないんです。フロントシングルなMTBや最近だとロードもフロントシングル仕様ってなるとSRAMは選択肢に入ってきますよね。嫌いじゃないです。むしろ好きですね。

ですが、コミューター的にゆる~く乗るなら信頼と安心のシマノのほうがおすすめしやすい。
002
なので、リヤメカ&シフターはシマノに替えちゃいました。

これで、安心して販売できます。

あと、付属のタイヤがサーリーの700x41cと太目。これだとちょっと重いかな?と思っていたんですが、意外にこれも悪くない。というかこれまた安心して気軽に乗れます。

そんなわけで、安心仕様のクロスチェック如何ですか?

2018年7月15日 (日)

あづいけど…

猛暑ですか?酷暑ですか?

暑い日々が続いておりますね。

日中はアツ過ぎて自転車乗るのもツラいですが、弊店通常営業しております。

明日は世間は祝日のようですが、弊店普通に営業いたします。

エアコン無いので西日が入る夕方は店内蒸しますが、扇風機で無理せずのんびり営業予定です。

2018年7月12日 (木)

減ってます

007
ブレーキレバーのストロークが長くなりレバーがハンドルにあたりそう、と点検ご依頼。

調整で済むと思っていたようですが、油圧ブレーキの場合は調整しようがないことも多々。

原因はブレーキパットの摩耗。

交換時期ですね。

このまま使い続けてしまうと、パットが減り過ぎてバックプレートの金属部分とローターがあたってローター交換なんてことにも…。

みなさん、定期的に自転車のメンテナンスしましょうね

2018年7月10日 (火)

KONA UNIT-X

007
今年のKONAは例年以上に在庫が無くなるのが速い?なんて話もありますが、

UNIT-XサイズMが一台ですが弊店在庫あります。

今は里山ライドは蒸し暑いけど、フジテンなどのゲレンデDHなどに如何でしょ

初心者はフルサスが良いなんてことも言われているような気もしますし、実際そうなんでしょうが自制心のない初心者がフルサス乗ると簡単に乗り手のレベルを超えたスピードがでてしまうので、クラッシュしたら大怪我なんてことにも…

その点、フルリジットなUNIT-Xはスピードだすにはそれなりに技術が必要だし、そもそもフルサスほどのスペードレンジで遊ぶ前提ではないので、ある意味安心。

プラス規格の太いタイヤを装備しているとはいえ、サス無しなので衝撃は伝わってきますし疲れます。その分短時間でも十分楽しめるしっていうことも言えるかな。

フルサスとリジットどちらが良いってことはないですが、UNIT-Xは楽しいMTBだと思います。

2018年7月 9日 (月)

むし

昨日はほんと久々にロードバイクに乗りました。
002
行先は湘南平

気楽に行ける距離なうえ、短いけれど登りもあるので開店前にいくのはちょうど良い。
しかし、今回の目的はそこではないのでした。

弊店がきっかけでお知り合いになられた方々がデイキャンプをするって話を小耳にはさんだので、呼ばれてもないのにちょっとだけ顔を出してくるのが目的。
0071
早めに到着したんですが、すでに準備してる方も。
ハンモック、いいですね~

0041_2
salsa VAYA
0061
SURLY LHT

どちらも絵になる素敵なバイク。パッキングの方法もそれぞれでみていて楽しい。

0111
LHTの後ろにあるブツをアホ面で眺めてたら、真っ先にセッティングしてくれて音出していただきました。お外でアナログレコード、最高じゃないですか!レコードのチョイスも渋くて素敵。

このままでは、居心地が良すぎて開店に間に合わなくなりそうだったので、仕方なく退散することに…

0121
後ろ髪ひかれながら退散となりロードバイクで下っていくと、今回の呼びかけ人も登場。キャンプサイトではお会いできなかったけど、なんとかご挨拶だけしてきました。

湘南平の中腹ぐらいにあるキャンプサイト。最後の登りはきついけれど(特にバイクパッキングで重量増だと辛そうでした)穴場スポットのようでほぼ貸切状態でゆったり過ごすのにちょうど良い。

ただ、この時期は虫(蚊)と蒸しが…

デイキャンプなら装備も少なくても良いし、自転車遊びのひとつのジャンルとして広がっていくのでしょうか?
ってことはたぶんなく、一部の愛好家向けってことで落ち着くのでしょうね。

今回はデイキャンプの楽しさをちょっとだけ見させていただきました。
ありがとうございました。

2018年7月 6日 (金)

MOLOKO BAR

003
SURLY MOLOKO BAR

グラベルツーリングなんかに良さげなハンドルバーでございます。

需要は少ないことは判っているつもりですが、こういったキワモノは実物を見てみないとって思っている方も多いのでは?

お客様のファーゴにさせていただきましたが、ドロップハンドルやマウンテンドロップとはまた違ったタイプのマルチポジションハンドルってところでしょうか?

太目のタイヤのグラベルバイクなんかに重宝しそうなハンドルです。

そんなタイプの自転車をお持ちでないって方は
0041
ついでに?こんな自転車は如何ですか??

ご来店お待ちしています!

2018年7月 5日 (木)

こもの

001
最近はメンテナンスついでに洗車することも少しづつ増えてきたような…

自転車を綺麗にすると気持ちよいですよね。
その時にステムなどのボルト類が錆びてる場合、ステンレスボルトに交換することもあります。
全てのサイズが揃っているとは言えませんが、自転車に使うボルトのサイズってある程度決まってたりもするので、無数に揃える必要もないかなと

002
それでも、自転車ならではなサイズなどもあったりします。
画像の左のボルトはブレーキキャリパーのワイヤー止めるボルト用(すべてのブレーキキャリパーに使えるかは不明ですが)

右の革ワッシャーはフェンダーの取り付けとかに使ったりします。革だとフレームを傷つけないし異音も発生しにくくなるし。

と、なるべく常備を心がけつつメンテナンスに時に役立ててます。

あまり個別に販売することも無いのですが、欲しいかたにはバラ売りもいたします。

2018年7月 2日 (月)

+○○

001
お客様にお借りしました。

アーバンアウトドアライフという本。
1984年に出版されたのが、復刊したよううですね。

面白かったですよ。
復刊したってことは、それだけ需要があるってことでしょう。
本格的なアウトドアではなく、日常のそばにある非日常みたいなものを楽しもうって流れがあるのかな?なんて思ったり。

サイクリングな記事はごく一部にしかないけれど、サイクリングとアーバンアウトドアライフって相性は良いはず。
っていうか個人的に興味のあるところ。
川沿いライドなんてのもその一部かな?と思ってみたり。

不定期開催の夜会なんてのもふくまれるんだろうな。

アーバンアウトドアライフに限らず自転車って自転車+○○、なんてのがいろいろ出来て人其々が楽しめるのが良いですよね。
その分バリエーションが増えて自転車選びが難しくなるってことにもなるんですが…。

一人ひとりに合った自転車なり、補機類なりを提案できるように日々勉強中でございます。

2018年6月29日 (金)

コミューター

002
SURLY PACKRAT 弊店オリジナルで組み上げてみました。

サーリーの完成車はドロップハンドルで、ランドナー的な用途を想定しているようですね。
それはそれでもちろん良いのですが、よりスポーツではない一台に仕上げようかと。

0061
なのでハンドルはアップライトなポジションになるようにプロムナードな形状のものを

005
パックラットはフラントに荷物を積載した時のハンドリングは考慮に入れた設計になっているので、もちろんフロントラックを装備。
サーリーのラックも良いのですが、サイズも価格のちょうど良いアデプトのものにしてみました。

007
変速はフロントシングル仕様に。
クランクは旧ティアグラ。中古ではなくてデッドストックを使い、アウターは外してチェーンリングカバーに替えれば、街乗り仕様に変身。

008
タイヤはパナのコルディラヴィ650-38B。フレームサイズは52なのでタイヤサイズは650規格。街乗りにはちょうど良いサイズだと思います。

今回のコンセプトはコミューター。
スポーツバイクとしてではなく、普段のアシに気軽に乗れるけどその気になればそれなりの距離も乗れる自転車って日本にはあまりないのが現状ですよね。

需要が無いと言われればその通りかもしれませんが、実際はこんなの欲しかったってかたがいるのでは?

この車両はデッドストックなパーツを使いつつ出来るだけ価格を抑えてみました。
金額は店頭にてご確認ください。

ご来店お待ちしています

2018年6月28日 (木)

014
昨日は久々にロングライドでもと思い朝から北上してきました。

南風とは聞いていたけど、かなりの強風。

行きは気持ちよかったけれど帰りは…。

川沿いの気持ちいはず道にきたけれど、全然進まないは風に煽られて真っ直ぐ進まないはでやる気がそがれる。

しかたなく川沿いあきらめて住宅街など少しでも風が弱まりそうな場所を適当に探しつつのライドでしたね。それはそれで初めての道を通るのも悪くはないですが。

風もあったけど、日差しもなかなか強くもう夏って感じですね。

個人的に夏は嫌いじゃないけれど、日中の強い日差しは体力を奪われますよね。

これからの季節は、朝は早起きして午前中に行けるところまで行って午後に輪行して帰るなんてのがオトナな楽しみ方なのかもしれませんね。

みなさん熱中症にはお気を付けください

2018年6月26日 (火)

タンサイド

014
RITCHEY ALPINE JB 700x30c

グラベルタイヤということですが、オンロードでの走りが良いのではと思わせてくれる気になるタイヤの筆頭です。

ラインナップは700x30cと35cの2種類ですが、30cはタンサイドで35cはオールブラックのようです。

個人的には35cのタンサイドを使ってみたいのですが…。

それでもグラベルなんて少ないのでオンロードメインで考えれば30cってのが使い勝手は良いのかもしれませんね。

2018年6月25日 (月)

ステンレスボトル

012
2重構造のステンレスボトル。
ノンブランドです。

機能だけみれば、後ろに控えるサーモスに軍配が上がるのは言うまでもない。

でも、おもわず手に取ってしまいそうになる立ち姿。

どこまで需要があるのかわかりませんので、お試しに在庫してみました。

夏はすぐそこまできてますし、保冷ボトル如何でしょ?

2018年6月22日 (金)

FIXPLUS

バイクパッキングがだいぶ認知されるようになってきたのかな?なんて個人的には感じていますが世間様の認知具合はどうなんでしょう?

そんななか、ちょいと便利なモノを仕入れてみました。
002_2
FIXPLUS 35cm,46cm,66cm

気軽にしっかり固定できるストラップ。
使い方はいろいろ

007
自分は、サルサのエニシングゲージにレインポンチョを括りつけるのに使ってます。
ゲージに付属のストラップでも問題ないけれど、こちらのほうが断然便利。

004
短いのはスペアタイヤ(チューブラー)とか(今更チューブラーってかたは絶滅危惧種化?)
005
輪行袋とかにも良さげです。(オーストリッチのL100ならカバーにストラップが付いてるからいらないと言えばいらないけれど…)

などなど、使い方が試されてる感じはあれど、持っておいても邪魔にならずいざという時に活躍してくれることでしょう。

全色在庫ってわけではないけれど、弊店としてはそこそこ在庫してみたので
色とサイズでお悩みください

001_2

2018年6月19日 (火)

ACEPAC

010
ACEPACってご存知ですか?

アウトドアメーカーらしいのですが、昨今バイクパッキングにも参戦してきました。

特徴は手ごろな価格でもちゃんと使える商品ってところでしょうか?

その中でも、破格なプライスを付けているのが画像のボトルバッグ。

サイズはノーマルサイズとファットサイズの2展開。

価格はノーマルが¥1900でファットが¥2000どちらも税抜。

昨年も少量仕入れたのですが、その時はどちらのサイズもあまり違いがなかったんですが、
今回から仕様変更があったようで、サイズはだいぶ違います。

さらにサイドポケットも付くし、機能も進化していて好感持てます。

弱小店舗なので、今回の入荷はボトルバッグの2サイズのブラックのみです。

このタイプのバッグ、一度使うと手放せなくなるのが欠点といえば欠点かもしれません。
それだけ便利ってことです。

あとは、このバッグだけ付けるのは格好良いのか?っていわれれば…ってところでしょうか

ACEPACはこのボトルバッグ以外にもいろいろ展開しております。需要がありそうなら他も在庫を考えます。

2018年6月18日 (月)

フル装備

0011_2
サルサのファーゴ。フル積載で遊びに来ていただきました。

弊店でお知り合いになられた方々と遊びに行くのの予行演習だそうです。

フル積載なファーゴ、格好良いですね。

ちょろっと乗せてもらいましたが、安定感抜群ですね。ULな装備のようですがそれでも重量はかさんでしまうのにも関わらず、平地であればなんの問題もなく進んでくれます。軽快とはいきませんが、ファーゴの本領発揮ってところでしょう。

通常のツーリング車でもこの積載量でも問題はないでしょうが、27.5+なタイヤの恩恵もあって安心して走行できますね。(ただし登りは辛いって言ってましたがそれはしょうがないでしょう)

ファーゴでキャンプツーリングなんて楽しそう。

ここ日本ではファーゴなんてオーバースペックなんじゃないか?って思ってましたが、こういった使い方には最高な一台だなって思ったしだいです。

ちなみに弊店?私情車のファーゴもタイヤサイズは27.5+にして、似たような仕様なはずだけど、残念ながら初期モデル。現行モデルのファーゴほどの走りはしてくれない…。

サルサさん流石です。ただ最新規格を導入しているだけではなくて、進化しておりますよ!

«伸びてきてますね